時間外労働上限規制2019年4月より導入

過労死問題などで話題になった「働き方改革法案」をご存知ですか?この法案は6月29日に可決しています。

この法案は、雇用対策法労働基準法・労働時間等設定改善法・労働安全衛生法じん肺法・パートタイム労働法・労働契約法・労働者派遣法の労働法の改正を行う法律の通称です。

 

見直しの内容は

①残業時間の上限を規制

②「勤務間インターバル」制度の導入を促す

③1人1年あたり5日間の年次有給休暇の取得を義務化

④月60時間を超える残業は、割増賃金率を上げる。(22%→50%)

⑤労働時間の状況を客観的に把握する事を義務化(健康管理の徹底。管理職・裁量労働制適用者も対象)

⑥「フレックスタイム制」制度の拡充

⑦「高度プロフェッショナル制度」新設

 

この中で2019年4月から実施される改正が「残業時間の上限を規制」です。今まで法律上、上限が無かった時間外労働の上限規制が導入されます。

 

残業時間の上限規制

現在は36協定を超えて働いても「行政指導」だけで、法律違反にはなりません。

時間外労働の上限は月45時間・年間360時間です。

4月からは上限が法律で設定され、違反の場合は「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」になります。

法律で残業時間の上限を定め、これを超える残業はできなくなります。

コンプライアンス(法令遵守)を重視する企業は、イメージダウンに繋がるので、残業管理が厳しくなります。

具体的には一部職種を除き、時間外労働の上限が月45時間・年360時間です。

 

臨時的な特別の事情の場合でも

下記の過労死ラインを超える事は出来ません。

●年間720時間以内

●複数月平均80時間以内

●月100時間未満

 

更に

年間5日の年次有給休暇を取得の義務化

現行は「労働者が自ら申し出なければ、年次有給休暇を取得する事が出来ない」

改正後は、「企業が労働者の希望を聴き、希望を踏まえて時季を指定。年5日は取得する事を義務化」しました。

 

来年4月から始まる「働き方改革法案」により、労働時間の短縮になり、更なる労働効率アップが要求されます。就業中の喫煙休暇などは廃止されるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

QR決済は詐欺に注意

QR決済には2種類ありますが、「支払い時にQRを読み込んでもらう方法」は基本的にセキュリティが高い仕様です。
スマホ画面をロックし忘れない限り、クレジットカードより、詐欺に遭いにくい仕様です。

 

静的QR決済

もう一つのQR決済は店側のQR(静的QRコード)を読み込む決済方法で、コストがかからず、導入もしやすく方法ですが、セキュリティに関しては、かなり気をつける必要があります。

QRコードを書き換える。

印刷されたQRコードなどに、別のQRコードを貼り替える詐欺があります。店側も使用者も詐欺に遭います。

②クーポンと偽りQRで支払いをさせる

無料のクーポンQRコードの中に支払いのQRコードを紛れ込ます。知らないうちに詐欺に遭う。この方法はインターネットでもあり得ます。

支払いのQRでは無く、偽サイトに誘導するのにも使われます。

 

QRの信頼問題

このように、QR決済のセキュリティ問題の本質は、QRコードを人が見て解読することが困難であり、含まれている情報が正しいかどうかを判別することができないという点です。

 

QR決済の対策

QRコードが正しいのか、判断できないので、読み取ろうとするQR が信頼できるかどうか判断する必要があります。

具体的には、紙などに印刷されたQRコードは「信頼できるもの以外は読み込まない」です。

他にも対策として、銀行口座から直接引き落とされるタイプにし、メインの口座と別の口座に分ける事で被害が最小限に抑えられます。

 

QRコード決済は導入コストが低く、楽天・LINE・ソフトバンクなどキャンペーンが目白押しです。QRのセキュリティの弱い部分を理解して、「信頼できるQRだけを読み込む」事に心がけて下さい。

 

ゆうちょPay開始2019年2月予定

ゆうちょ銀行

全国津々浦々どこへ行っても郵便局が近にあり、大小合わせて店舗数が非常に多いスケールメリットがあるゆうちょ銀行、 2018年3月時点で、24000店舗・ATM台数は28800台あります。旅行・出張にも便利です。

ゆうちょ銀行のメリットは、キャッシュカードでゆうちょATMを利用の場合は、曜日・時間帯に関係無く手数料は0円です。

振込手数料は、ATMなら月1回:無料 月2回目以降:123円

ゆうちょダイレクトでは月5回まで:無料 月6回目以降:113円です。

 

ゆうちょPay

地方にも幅広い店舗を持つ「ゆうちょ銀行」が、2019年2月予定でQR決済をはじめます。GMOペイメントゲートウェイのサービスを使って銀行口座と連動したスマホ決済するサービスです。同じくGMOペイメントゲートウェイサービスを使う銀行間で相互乗入れができます。

相互乗り入れ可能銀行

りそなグループ(りそな銀行近畿大阪銀行埼玉りそな銀行)・横浜銀行福岡銀行熊本銀行親和銀行

 

導入コストが安い

QR決済サービスですので、利用者・加盟店ともタブレットが必要です。別途システムを導入よりも導入しやす仕様です。

対応アプリは利用者・加盟店ともiOS7以降 アンドロイド4.1以降です。

 

 

また、ゆうちょPayはクレジットカード無しに、ゆうちょ銀行の口座から直接QR決済を引き落とすことができます。ですので、クレジットカードを持てない年齢のユーザーも使うことができます。

 

 

キャッシュアウトサービス対応予定

ゆうちょPay銀行は口座を直接登録しますので、キャッシュアウトサービスに対応予定です。キャッシュアウトサービスとはスーパーなどの小売店でお買い物ついでに銀行のキャッシュカードを使って現金を引き出すことができるサービスです。

手数料は今のところ未定です。

 

まだ、詳細は発表されていませんが、日本最大の金融機関がQR決済を始めることは、キャッシュレス社会を日本中に広めてくれるかもしれません。

 

インフルエンザ予防接種は病院毎に違う

12月から3月にかけて流行するインフルエンザ、予防接種を毎年受けている家庭も多いでしょう。もちろん我が家も受けています。

 

インフルエンザ予防接種料金

1回数千円で、小学生以下の子供には2回接種が基本です。家族全員が接種すれば1万円〜2万円の出費になります。

転勤で住まいが変わり、いつもの病院で接種し無くなり、転勤先で予防接種を受ける場所を探しました。

最初は近所の耳鼻科で1回「4000円」と聞き、「そんなにしたかな?」と少し疑問を覚え、駅前の内科に聞いてみると1回「3000円」と1000円差があります。

 

予防接種は自由診療

通常のインフルエンザワクチンの仕入れ値は、病院の大きさによって違いは、ほとんどありません。ワクチンの成分もほぼ変わりません。(製造会社が4社しか無い為)

ただ、予防接種料金は自由診療なので病院ごとに自由に料金を決めれます。「人件費」「廃棄リスク」を考慮して決めています。

調べてみると、インフルエンザ予防接種の料金範囲は「2000円」〜「5000円」位です。もし今5000円位の予防接種を受けているなら、他の医療機関にも問い合わせてみて下さい。3000円迄で受けれる病院が見つかれば、家族なら接種費用が少ないすみます。傾向として「小児科」の方が安くなっている傾向があります。2回接種するので、安くしている。ただし、2回目が安くなっている病院もあります。

 

リスクの軽減

インフルエンザは予防接種をすれば病気になるリスクが減るだけです。更にインフルエンザになっても、症状が軽く済んだりする効果があります。

実際私も、10年で3回インフルエンザにかかりました。流行が始まると一気に病院が混雑し、値段が安い所は予約で一杯になります。最終的に値段が高い所で接種する事になります。

流行前の今なら安く接種できます。

 

 

 

 

オリックスeダイレクト金銭信託

eダイレクト金銭信託

オリックスから預金とは異なる「シンプルでわかりやすい」をコンセプトに開発した運用指定金銭信託が出ています。

運用先の債務不履行がなければ収益金の配当と元本の償還を行なわれる信託預金です。オリックスが厳選した企業に一定期間預けて、配当をもらうシステムです。

 

運用流れ

①資金を、オリックスが選定した企業(貸付先)に対する貸付金として運用。
②貸付先は、オリックスに利息・元本を返済
オリックスから収益金の配当および元本の償還がされる

 

メリット

メガバンクの定期預金金利が0.01%に対して400倍以上の金利がある

 

デメリット

元本保証は無い。もちろんペイオフ対象では無い。

 

現在募集中信託

ソフトバンクグループ株式会社第23号

予定利率0.48%

 

募集期間

2018年10月4日〜2018年11月21日

*募集予定総額に達した場合には、募集期間の途中であっても受付を終了

元本・収益金のお支払日(償還日)

2019年12月6日

 

申し込みの流れ

①eダイレクト預金口座開設(10日程度)

②e預金口座にお申込金を入金

③ネットで金銭信託お申し込み手続き

④信託(信託設定)契約

 

預ける企業を厳選すれば、まず破綻する事は無いので、オススメできます。

ペイオフ対象がどうしても良いなら、SBJ銀行に預ければ良い。

 

 

 

 

やっぱり急がば回れ

学生

学生の頃は「シートベルト違反」で2・3回違反したが、社会に出てから「ゴールド免許」を20年以上続けていた。

 

台風21号

普段通勤は電車ですが、台風21号の時に、帰りの電車が止まるかもしれないので、マイカーで通勤。帰りは暴風雨で高速が止まり、木々や電柱が倒れ大きく迂回して家に帰った。家の被害はベランダの屋根が飛んだくらいで少なかったので安堵した。

 

台風24号

9月30日に台風24号が日本列島直撃するとの予想、前回は暴風雨になってから営業所を閉めたが、帰宅困難者が出た教訓から電車が止まる前に営業所を閉めた。

いつもより早く帰れるうれしさと、高速と前回封鎖された道を早く通り過ぎたい気持ちで、マイカーを飛ばして帰る。自宅は無事でホッとした。

 

忘れた頃に

台風の季節が終わり、また地震が増えてきたなと思っていた矢先に、昨日嫁から写真付きのメールが届き、オービスに引っかかり、高速道路警察オービス隊からハガキが届いているとのこと。確かに急いで車を飛ばした覚えはあろが、オービスが光った覚えはなかった。

 

オービス概要

ネットで検索するとオービスは40キロオーバーで写真、一発免停確実。

後日簡易裁判所に行き、罰金は7〜8万、免停30日なら講習が14000円で1日講習(9時30分〜16時30分)、免停60日なら2日講習で23000円です。約10万円近く費用がかかります。

 

本日、オービス隊に連絡し、期日前に出頭して良いか確認。電車で訪問受付後に、取調室で調書。オービスに写っている車と、拡大された「ナンバープレート」と「運転手の写真(自分自身)」がはっきり写っている事を確認。こんなに、はっきり写っている事に少し感心。直ぐに「サイン」と「印」を押した。

何とか40キロオーバーですみ、オープンな取調室で、高速の制限速度と、理由を確認され、後日裁判所から通知と連絡が来ることを言われ終了。

 

割に合わない

早く帰りたい気持ちから車を飛ばし、費用10万円・時間的拘束2日半と全く割りに合わないスピード違反でした。

急ぎたい時こそ、「急がば回れ」の教訓でした。嫁に言われるのはともかく、子供達にもスピード違反の嫌味を言われるのは「罰金」以上に辛い。

 

 

中国第3位の自動車市場IPO申請

Tuanche.com

中国第3位の自動車市場であるTuanche.comは、米国証券取引委員会にIPO申請し1億5,000万米ドルを調達予定です。

2010年に設立され、オンラインの電子商取引とオフラインの自動車販売の両方を提供する中国自動車市場です。

 

ビジネスモデル

Tuanche.comのビジネスモデルは、オートショー、ディーラー販売、バーチャルディーラーの3つの主要ソースから収益を得ています。

Tuanche.comは、2018年6月末現在121都市で運営されており、現在、10,000を超える企業にサービスを提供しています。オンラインユーザー数は、月間ユニーク訪問数は1330万人です。2017年に販売された新型車の販売台数と総流通量の両方で中国で第3位の自動車市場です。

 

中国の自動車産業の好調な成長で、売上高の増加と、それに伴う営業費用の増加を抑え、過去2年間以上の損失を縮小しています。

 

実際、昨年と今年の上半期の純利益を比較すると、2億9,900万人民元から9億3,000万人民元(13.4百万米ドル)にほぼ3倍に成長しています。

逆に当期純損失は58百万人民元から21百万人民元に減っています。

 

中国における新車と中古車の販売台数は、2017年から2022年にかけて年平均9.8%成長すると予測されています。Tuanche.comは成長が楽しみな投資先です。